素人志向

備忘録

ポエム

薄暗い町中華

無性に炒飯が食べたくなった。だが、この優雅なる10月9日の土曜日は、既に残すところ4時間で終わりを告げるくらいの時間だった。つまるところ午後八時を回っていた。 稀に顔を出す、恐らく年金を受給しているであろう爺さん夫婦が営む中華料理屋は、既に暖簾…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #9

まったりと進めていたFF14だが、最近になってやっと蒼天が終わった。 蒼天のネタバレをしたい訳でも無いので詳しい事は書かないが、とにかく壮大かつ中々人間臭いストーリーとIDや討滅戦の雰囲気は中々に良かった。中身はベタな王道ストーリーではあるものの…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #8

実はRPGというものをロクにやったことがない。テイルズオブジアビスとDQ3くらいしかやったことがなく、FFは一度もやったことがない。そんなRPGほぼ未経験勢の自分ではあるが、最近になってやっと蒼天3.0・3.1のストーリーが完了した。 率直な感想を言うと、…

雑記 #1

最近、謎の焦燥感が襲ってきていて辛い。去年までは楽しくゲームをして酒を飲んでいい1日を過ごしていた気がするのだが、最近になって家族や結婚や新居やなんとかかんとかみたいな話が入り込んできて、流石に身を固めねばならないのかもしれないという焦燥感…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #7

メインクエストやルレ、グルポ、ゴールドソーサーにいったりするのんびりとしたエオルゼアライフを楽しんでいる。ギャザラーってのもはじめた。園芸師だ。ひたすらに木を切っているだけだが案外悪くない。マイクラのブランチマイニングと似たような雰囲気を…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #6

ふとDiscordでFF14マニアの旧友に「Elementalにサブ垢あるなら一緒にやろうよ」と声をかけたところ、快く引き受けてくれた。そのサブ垢はパッチ2.4まで終わっているアカウントだったため、彼がクエストを行っている後ろ姿をストーカーしつつ、詩人の僕がプロ…

ぬるぽが的ゲームレビュー #3 Titanfall2(2016)

小さいころ、それこそ小学校3年生くらいまでは、現実性を考慮しないような夢を沢山持っていた。 それは「ソーセージをお腹いっぱいに食べてみたい」というような、今でこそ30分もあれば実現できそうな小さな夢も勿論あった。ただ、「ロボットに乗ってみたい…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #5

ミコッテ三人衆を遠くで眺めるミコッテ (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. マジで外でビールが飲みたい。夏だぞ。夏。8月19日という夏ど真ん中で家に引きこもってFPSやってる場合じゃない。本来、蒸し暑すぎる熱帯夜に街へと繰り出して、ビア…

ぬるぽが的ゲームレビュー #2 Quake(1996)

「FPSで有名な作品は大抵面白いのではないか」説が、前回遊んだ「Half-life」でより確実なものになりそうだったため、引き続き名前だけ聞いたことのある「Quake」という作品を遊んだ。このゲームで使用されたエンジンは「Quake エンジン」と呼ばれ、現代のFP…

若葉が征く エオルゼア探訪記 #4

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 雪 自分は、南国と言えば南国に区分されるであろう、九州ど真ん中にある熊本県の出身である。 夏は暑くて冬は寒い。梅雨は多湿大雨、その後には台風が直撃しまくるという、中々ハードモードな土地ではあるが…

ぬるぽが的ゲームレビュー #1 Half-life(1998)

はじめに 「レビュー」と表現すると、どうも他人様へ向けたお気持ち表明という雰囲気を感じるが、俺はそんなこと知らない。「レビュー」と書いているが自分的に感じた事をただつらつらと書いて残すだけである... ということで、遊んだゲームの感想を書いてお…

追懐

ストIIX金曜対戦会の思い出

映画をみた

映画をみた。映画。 映画を見た後は、やはりファミレスやジャンキーな何かを食いながら「よかったねアレ」と感銘・感動したシーンを振り返る反省会をしたくなる。 が、2021年初春の平日夜、コンクリートジャングルのネオ・東京、狭い1Kの部屋でひとり映画を…

秋葉原の女神

明日はなんてことのない平日だが、土曜日に出勤した分の代休日となった。 僕は「健康優良不良青年」の気持ち”だけ”はもっているので、少し夜更かしでもして酒を飲みながらビデオゲームで遊ぶかと思ったものの、どうにも遊ぶ気力がなくポケポケしながら友人か…

桐間紗路

僕のいた高専には、追認定試験(通称で追認)というものがある。 これは4回ある定期試験の平均点数が60点を下回った学生を対象に実施される、最後の救済試験である。これに落ちると容赦なく原級留置、すなわち留年することになり、同じ学年をもう一年繰り返…

兄は夜更け過ぎにユキエに変わるだろう

「クリスマスなのに」 12/21の土曜は、メンバー総出で出勤になるかもしれんね。 そんなことを話している時に、同僚の女の子が呟いた。 一瞬思考が止まった後、「クリスマスが近づいている」と今年初めて実感した。 僕にとっては、ただの季節の風物詩となって…

「電脳九龍城」に思いを馳せて

ウェアハウス川崎が閉店するらしい。 大した常連でもなく、ごくたまに行くくらいの頻度だったけど 学生時代から憧れていたゲーセンが閉店するのは何とも言えない。 仕事で疲れた時に、金髪美女を乗せて海岸線をドライブしたり、 ギャラガのコピー基板をのん…

「港が見える場所で 何か飲みたいのよ」

港を目指した話

高専時代に見たオタク(以外含)シリーズ

この記事は熊本高専Advent Calendar2017 16日目の記事と思いきや13日目の記事です。 「キーボードが彼女」と言い張るオタク 高専入学後、彼女に振られたオタクの発言。「東プレのRealForceが彼女」と言い出す始末。 「リアルフォース子」と何の捻りもない名…

ムサシノの国

所謂、上京というものをした。 小さい頃から東京には興味があったが、まさか自分が住むことになるとは。 電車に乗れば、満員電車。街ゆく恋人や集団で盛り上がっているオタク達を見かけると、熊本では感じなかった「疎外感」がちょっぴりしんどい。 こんな感…

5年間の高専生活をツイートと共に振り返る

卒論の添削待ちで少し時間が出来たので 折角なので5年間の高専生活を自分のツイートと共に振り返ってみようと思います。 入学前 行ってらっしゃい。 やったね! 知らねぇよ。 1年生 意識が高いのか、技術系のツイートが多かったです。 今となっては意識他界…

壁殴りのコツについて

Googleで壁殴りのコツについて調べても何も出てこなかったので考察しました。 殴り方について まず殴り方そのもののコツを調べたものの中々出てこない。 空手やボクシング教室があるくらいですし、ネットに情報も出回らない訳です。 空手をやっている友人に…